測量
測量

主に道路、河川、海岸、橋梁、トンネルなど社会基盤を整備するための公共測量を行っています。土地の形状を把握する「地形測量」、土地の境界を測る「用地測量」、「i-Construction」に対応した測量など角度、距離、座標を駆使して「測る」を追求しています。

調査
調査
河川や海岸では治水、利水、防護の役割を担うだけではなく、環境・利用を含め調和のとれた総合的な管理が求められています。社会の多様化したニーズに応えるべく、事業者に代わって必要な調査、企画、立案を専門の技術力で提供いたします。
設計
設計

安全・安心な社会資本整備を実現するために、国や地方自治体などの行政のパートナーとしての役割を果たすために、多様な社会のニーズを的確に把握し、専門的知識を駆使して、より良いものを提供できるように日々、技術の研磨に励んでいます。
道路・河川

補償
補償
公共事業に必要となる土地等の取得若しくは使用、また事業にともなって生じる関係者の損失を補償するものであります。その補償は公共の利益のために生じる損失のためのものであり、補償基準に則り、憲法に定められた正当な補償でなければなりません。
メニューを閉じる